春の散歩

秋の散歩から時はさかのぼりますが…京都の春の散歩の写真です。
失ったと思っていた写真が最近出て来たので、季節外れになってしまいますが。

(時系列的には先日のおるがにすと・クロニクルに書いた「宝塚での演奏会」の続きになります)


宝塚で演奏会をした次の日、夫と娘と3人で京都日帰り旅行をしました。

レトロで素敵な電車に乗って。

Image-京都19 


ことし、関東では桜が早く開花したということで、4月2日に帰国したのに国立ではもう散り初めでした。

ところが京都ではこの4月8日がちょうど満開(盆地だから?)。
移動したお陰で、偶然ここではお花見に間に合いました!

Image-京都00


鴨川。
水がきれい。

良い天気〜!


Image-京都000



しなやかに細く、伸び伸びと育ったという感じの桜。



Image-京都0


ひるごはんは、サバ寿司とおそば。

夫「さば?そば?どっち?音が似てるな〜」


 Image-京都14 



Image-京都4 



Image-京都15 


私「人力車、乗ろうか?」
娘「え〜、可哀想」
私「?」

(誰が?引っ張る人が?馬の代わりみたい?たしかに、人が車を引っ張るのって、めずらしい。)


Image京都5 


「お約束」のように毎回行ってしまう、銀閣寺。

でも春は初めて。


Image-京都2 
 

Image-京都18 


何だろう…苔の花?
怪しく美しい。


Image-京都16 


Image-京都12 



お土産屋さんは、金色がぴかぴかしていた。


Image-京都20 


可愛いお店発見。


Image-京都21 


リカちゃん!


Image-京都22 



二条城は幸運なことに夜の部をやっていて、入場出来ました。


Image-京都13



ライトアップがあり、庭の通路は竹を使った行灯の展覧会みたいになっていました。


京都芸大の学生グループの作品。
すごーい。近くに行くと、こわー



Image-京都17 



Image-京都6 



暮れ泥む(←くれなずむってこういう字だったんですね〜?!)お庭を見ながら、薄茶とお菓子。



Image-京都11
 




名産品の出店をひやかしたり、




Image-京都7 




お琴の三重奏を聴いたり、




Image-京都7-1 




背景は桜の大枝の生け花!




間近で聴くお琴は、すっごい迫力でした。



ばちん、ばちん、

と爪の音がよく聞こえました。



娘はあっけにとられ、すっかり虜になってしまい、ベルギーに帰ったあと、iTuneで4台琴の変奏曲を購入して、
iPodで毎日聴いている。(一度聴かせてもらったけれど、ポップやロックやスラムやクラシックの入り乱れる中、ランダムにお琴に変わるのがすごいインパクト)



お土産を手に、京都タワーの前で身を寄せ合って3人で自分撮りしようとしていたら、
スーツ姿の会社帰りらしいおじさんが


「はっ!撮りますよぉ〜」


と手をのばしつつ、親戚の叔父さんみたいなノリで普通に近づいて来てくれて、


(すごい親切!関西パワーここでも炸裂!←宝塚の演奏会での体験参照)



シャッターを押してもらうのも、





なんとなく恥ずかしいような…






Image-京都8


おのぼりさんな1日の終わり。


このあと娘が帰りの切符を紛失していたことがわかり、駅で大探ししたけれど見つからず、切符を買い直すという大失敗に加え、私が手荷物をどこかに置き忘れるという(気づくのがまた遅い…)、悲しい事件はあったのですが…


それでも、京都を満喫した素晴らしい一日でした



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

写真…
みつかって本当に良かった。
あとで見ると楽しい。それに今年は日本の春のお城と、フランスの秋のお城を見られたなあ。

結局ベルギーのお城が一番行かないかも
小さな素敵なお城がいくつもあるらしいけれど、王国ベルギー、実はまだ貴族の人たちが住んでたりする。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。