Advent Calender :Day18

昨日は音楽アカデミーの冬休み前最後のオルガンレッスンの日でした。

最初の生徒は10歳の少年なのですが、

オルガン室の鍵をくれる秘書課がまだ開いていなかったので、

待っている間、世間話をしました。

「冬休みどこか行くの?」

私が訊くと、

「スイスにスキーに行きます。
ピレネー(フランス)よりは低いので、
暖冬で雪があるかどうか。」

とおとなのようなことを言うので、

「暖冬ね、私のうちでも、夏のツルバラが、
一輪、今日咲いたの。
年一度開花のタイプだからびっくりしちゃった。」

と答えると、

「地球温暖化の影響ですよね。」

(すごい10歳でこの話題とは)

と思っていると、さらに、

「でも、温暖化で良かった。
もし寒くなる方だったら、みんな凍え死んでしまう。」

と、オリジナルなことを言って来たので

(なかなか科学者向きかも)

とますます感心して、

「私よくわからないけど、温暖化したあとは、
氷河期が来るのかもしれないけれどね。
地球ってそういうサイクルをゆっくり繰り返しているのではないのかな。」

と議論してみたら、

「冬は、ちょっと寒い方が
いつも暑いよりいいですけどね。
毎年、登校の時間に、
『はああ〜!』って息を吐くと、
真っ白になったのに、
今年は12月なのにならないから、

あれ大好きだったのに残念なんですよ!

さいごに10歳にもどったというか、

せんせは、わははははははははは
と笑ってしまいました〜!


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



今日の一枚…
ALM records
ALCD105
Confession
斉木由美作品集
トラック1「嘆きは踊りに変わる」Turn my mourning into dancing (2013)
フルート、クラリネット、チェロのためのトリオ。
クリスマスのコラールGelobet seist du, Jesus Christが装飾されて出て来る、と説明には書いてあります。
(下写真参照)私は通して聴きましたが、まったくわからなかったです!すごい上手に隠してあります(そういう褒め方ってあるのか)。とにかく、CDをかけている空間が(つまりうちの台所ですが)宇宙的に広がって感じられました。
星空の下、イエス様がもうすぐ生まれる…そういう砂漠の広さ、夜の暗さでしょうか。

写真


来週…
来週って、クリスマスなんですね。
わかっちゃいるけど、ダイアリーを見ると「へえーっ!もう来週なんだ!」と。クリスマスは、いつもと同じ毎日、ではないと感じる。やっぱりアドヴェントカレンダーで指折り数えると、よりそういう気持ちになった感じがします。毎日お付き合いして下さってありがとうございます。あと7日!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。