Advent Calender : Day8

  • 2015.12.09
本日は火曜日なので、オルガニストの休日でした。

朝練に行ったほかは、

空っぽな1日

でした。

そのような言い方だとさびしく、悲しい1日のようですが、

中身を入れない日というのは味わいがあります。

わたしが中身を入れないので、
娘がものを入れてくるというか、
電話が来ても取れるし、話したがっていても聞ける。
ついでにお弁当も作ってあげたのですが、
本人は学食で食べるつもりだったようで、
丸一日持ち運んで、
夕方、家で、わたしの夕食と一緒に
お弁当広げていました。

あまり役に立っていないですね

懸念のことを

あーだこーだ考えたり、

日記を書いたり、

計画したり、

来年の家計簿がどういうしくみになっているか
しっかり最初のページから読んでみたり。

夜には大聖堂で、ヘンデルのハレルヤコーラス付きの
合唱コンサートがあって夫は弾きに行きましたが、

せっかくの空っぽの日なので、
わたしは猫と留守番をしました。

そうして帰ってきたら、
今日がわたしのアドヴェントカレンダーの日だったようで、
(忘れてた)

「朝忘れててごめん」

と言って、夫からお花をもらいました。

(コンサートでもらったのかな)

空っぽな一日にはさいごにお花が入りました。。。

感謝です。

写真-1










今日の一枚
L'Oiseau-Lyre
433 545-2
Monteverdi/L'Orfeo
New London Consort
一枚ではなく二枚組の全部続けて聴きたい。
ですが、やはり、この「出だし」は心が躍ります。
「CDは出だしが大事!」ということを学んだCDでもあります。

習慣づけ
来年は「家計簿を毎日つける」という、何回挫折しているかわからない大事業に挑む予定なので、
日本で「別冊素敵な奥さん袋分け家計簿」を買ってきました。
秋に帰国するとそういうものが買えるのですね。
ベルギーは日常のこまこましたものも、普通に銀行のカードで払えるしくみなので、
お金を出し入れするのに案外つかみどころがないのです。
よって袋分け。
できるのか。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。