アドヴェントカレンダー19日目

アドヴェント、関係ないような気もしますが…

新世代のひとたち?!みたいな、びっくりしちゃったことが今日あったので書きます…





私のリハーサルとミサが終って家に帰って来たら、


ちょうどお風呂を入れていて(うちでは洋式のお風呂ですが、日本風に順番にみんなで入る)、


わたしも娘のあとで熱ーいお風呂に入りました。


そのあと台所に降りて行ったら、いつのまに来たのか、知らない若い男の子が巻き寿司を作っており、


娘はなんだかバタバタしています。


と思ったらヴァイオリンを持ってレッスンに行ってしまいました。



残された男の子、ニコ君は、



「今日はエステルちゃんの18歳の誕生会だから、一緒に巻き寿司を作ることにしたんです。」



と。



百合香(娘)とデュオでヴァイオリンを練習しているエステルちゃんは、うちに泊まった事もあるから、知っていますし、エステルちゃんはベルギー人ですが空手一家で、彼女自身黒帯。お寿司は喜びそうです。



ニコ君はトランペットで来年音楽院に入りたいそうで、彼女たちの共通の友人、そして、うちの近くに住んでいるらしい。



それにしても、お寿司上手に作るね〜!と言ったら、



「さっき百合香に教わったんです。」



とあくまでも謙虚。



やわらかく巻く娘より、しっかり巻いていて、出来上がりが見事。



それで、



「ニコ君も、お寿司、好き?」



と訊くと、




「はい、このあいだ、イトコと回転寿司に行って、ふたりで100個食べました。
食べ放題で。」




ひゃ、100個ぉ〜!!




お、おいしかった?ときいたら、



「いいえ。比較するならxxxの方がネタは上です。
あの回転寿司は魚の味があまりしないというか。
見た目はとてもきれいなのに…」




(だけど、ふたりで100個、食べたんですね…)



「あ、全部できました。お邪魔してすみませんね。」



と、使ったものを全部洗って、



流しにたまったお米や食材のくずをちゃんとゴミ箱に捨てて、



ふきんで水はねをきれいにしていました。




これを、私が見ている前で、落ち着いて普通にやってのけたのでした。




「ご両親もお料理するのお好きなんですか?」



と思わず訊いたら、



「父も母も料理が得意ですけど、中華風とか、日本風とか、作ってみたいけどやりかたがわからないんです。」



と言ったので、娘が帰るまで、和風のごはんの炊き方を一から教えてあげたのでした。



面白いね。



なんか、想像もつかない展開でした。



しかし、初めてうちに来た男の子に巻き寿司を任せて、ヴァイオリンに行っちゃう百合香もありえない〜。



にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






















娘…
いつも、ネタ提供ありがとうございます。君といるといつも楽しいよ。
写真

(じつは、予定ではもっと早く巻寿司を作り終えて、レッスンに行く予定だったのに、私が海苔を買い置きしていなくて、足りなくなって買いに行っていていろいろ遅くなったらしい。しかし、弾かなきゃいけないのに家事があって、バタバタになってほっぽりだして弾きに行っちゃう辺り、なんか「デジャ・ヴ」。かわいそうに、この年で、もうこのジレンマが始まっているとは…)

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。