先週の日記(4)

日記そのものはつまらないけれど、「まとめ」として考えたらどうかと思い、ひきつづき載せます。

そう考えると、このブログは「Momoyo's Organ Book」というよりは、

「Momoyo's Organ Journal」

なのではないかと気がついたので、よっしゃ!と満を期して変更します(どっちでもいい?!)。

突然変えてすみません。


月曜:8時半起床、練習、昼コンサート、ランチ、庭・家事、夕食、ブログ書き、就寝22時半
火曜:6時少し前起床、ごみ出し、メールとブログ書き、練習、昼ラーメン、練習、夕方モンブラン食べて、練習、夕食、練習、就寝23時。
水曜:休日。10時起床、2度寝、昼パスタ、ブログ書き、娘と買い物、夕食天ぷら(さつまいもと白身魚)、やさいのピクルス大瓶漬け、パン2斤とパウンドケーキ2個焼き、就寝0時。
木曜:7時起床、ブログ書き、練習、ランチ、ラジオ原稿準備、ラジオ収録、練習、夕食、練習、就寝23時。
金曜:8時半起床、教会の歌決め会議(エピファニーまで)、ランチ・インドカフェ、日本行き準備買い出し、練習、夕食、練習、就寝23時半。
土曜:電車でバストーニュ。練習、友人宅で夕食、練習、就寝0時半(友人宅泊)。
日曜:9時起床、バストーニュへ、練習、コンサート3時、7時ジビエのレストラン、車で帰宅、洗濯、熱いお風呂を張って順番に家族で入り、ブログ書き、就寝0時半。


週に2回違う教会で演奏会があり、半分ぐらい同じ作品だったので、オルガンが変わって大変な部分と、違うからやはり楽しい部分と両方だったと思う。夫の新作をバストーニュでお披露目出来た。現代もののメルニエのトッカータもまた見方を変えて弾いてみた。月曜日の演奏会のあと「桃代らしくない作品だと思う」と言われて、「自分が感じる事をもう少し出せるのかな」と思い、音響とオルガンもバストーニュの方が大きかったのでテンポをメトロノームのめもり2つ分ぐらい緩くして、いろいろほかのことも「言えるように」した。ここのオルガンはコンビネゾン(ストップ操作を記憶させるための、オルガンに組み込まれた装置)が修復後大量に可能になり、使いやすくなったので、娘に譜めくりとレジストレーションを頼んだ。よく前日に練習したかいあり、息を合わせてくれて無事に出来た。彼女はちょっと早めに入れてしまったところもあったが(オルガンは教会の後ろの地面の階に設置してあり、お客さんから全て見えるので)慌てたそぶりを見せなかったので度胸がついてきたな〜と思った。演奏会後のジビエは美味しかった。


こうして見ると、不規則な中にも、体のリズムが良くなって来ていることを感じた週でした。
よく練習したけれど、指や手首など体の痛いところも出ず、良く眠れたし、良い週だったと思う。
この秋、薄くてとても暖かいセーターを買ったので、ずっと着ていました。
今週いちどきに秋が深まったベルギーは、夜の気温は10℃以下なので、教会で練習しても手が冷たくならないこのセーターは私の体を守ってくれているな〜と思いました。寒いと、もっと肩が凝ったりもします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

追記。

秋の味覚…
ブリュッセルのサブロン広場にある、ヴィタメールというお菓子屋さんには、10月の間モンブランが売り出されるのですが、好きな割にチェックが甘く、いつも「あれぇ、もうクリスマスなってるわぁ、モンブラン忘れた〜」と言う感じなのに、今年はシッカリこんな大きいのを食べました秋にありがとう〜それに日本でもモンブラン食べる予定なのですうれしい!秋は続く〜!!



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。