上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アドヴェントカレンダー12日目

オルガン台にあがって、練習を始めると、なかなかオルガンから離れることができません。


そこまでオルガンにぞっこんなのか?!


というと、たぶん、一度弾き始めると靴を履き替えるのがめんどうくさいのではないか、と…


自分の心理状態を観察して見ると、


「つかれたけど、靴履き替えちゃったし、走ってくるわ」


という、陸上部時代の、「休むのもめんどうくさくなって、結局走ってしまう」習慣が、まだ残っている。



オルガンも靴を履き替えますが、これは陸上とは真逆に、



滑らせるための靴



を履きます。



だからそれを履いて、教会堂の中を歩いたりするのは危険です。




木ならたぶん平気ですが、大理石のタイルでは、滑ります(靴底は薄く柔らかい革です)。




何が言いたいのかと言うと、




喉が渇いても、水を飲みに行けない。




(お手洗いは靴脱いで行くしかないですが)




弾いているとのどが乾きますが、水を買って、何本もペットボトルを捨てるのが私はイヤというか、



あのボトルの音がイヤ!




(変わった人…)




飲んでいるとボトルが「むにゃぱきっ!」という音を鳴らすのがたまらなくイヤです。



他人が飲んでいるときは平気なところを見ると、




自分が飲んでいるとき、



ペットボトルが無茶苦茶、耳に近くなってしまうという、不可避な条件のために、



普段は好き嫌いをあまり思わない私でも苦手そのもの。




ただ、そういえば、日本の四角い系のペットボトルはあの音がしませんね。




だから西洋系のお水のペットボトルがイヤ、ということにしておきましょう。



水筒も、なんとなく、口をあてると飲みにくい物が多くて。



(口あてないで飲むのはかなりむずかしいんで…)




それで、何がいいたいかというと!




遂に、SOLUTION発見です!



「Eau Goodオー・グッド」(←何語?!)


よく見るとさらに、カタカナそれも縦書きで「ウォーターボトル」と!


しかし!


このパッケージは日本製はあり得ないでしょう!



IMG_4908.jpg


お兄さん…偽・昭和か?!と見紛うようなデザイン…!


IMG_4909.jpg



でもこの箱の裏側をよく読むと、日本の備長炭をボトルのくぼみにうまくはめた状態でお水をキレイにしてくれるという、


ボトルと、住み込み


じゃなかった


炭、込み


のセットになっている、6ヶ月もちますというふれこみの、携帯用水筒なのです。



開けて見たとき、この「ペコパコ」言わない、しっかりしたボトル部分と、


丸くて気持ち良さそうな口の形にまず「おおお。」と感情移入し、



更に、日本の備長炭プラスひょうたん型ボトルなのにもかかわらずフタがコルクとメタルになっている



ポスト・モダン


……………


(おおげさな!)



そこにハートをつかまれました。



余談ですが…
なぜ「ポスト・モダン」かというと。


ただのコルク=古典ですよね。昔っからワインはコルクって相場が決まっています。


ただの金属=飯盒炊爨(めちゃ漢字ややこしー!コレ書いてるのわたしじゃありませんってば)


そのふたつを、再解釈して見事にプラスチックと「清潔&便利」な21世紀的組み合わせにしてあるから、


プラスチックだけのボトル=モダン


だったこれまでの商品の次世代を目指していると。で、ポスト・モダン。



…って、なんで、そこまでわざわざ言っているのか…自分でもよくわかりません)






長々書いた割に。


結論はシンプル。



水道の水、じゃー。


IMG_4910.jpg



8時間後、



ごくごく!



おいし




この新習慣に、すっかりハマってしまいそう、ということでした〜!!!



あまりにこの水がおいしいので(ブリュッセルの水道水は超硬水なので、そのままだとぜんぜんおいしくありません)、娘も夫も


「この水筒ほしい。」


ということになり、



来月から外出用に水を買って来る必要が全くなくなりそうなのです。


明日のミサと練習に備えて、今夜も寝る前に水道水を入れて準備完了。


備長炭、すごい。竹の炭ですよね?地下水が地下でやっていることを、水筒の中でやってくれているのではないかと疑うほどの美味しいお水になります。


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

















お葬式…
私はテレビがないのですが、インターネットで、今日の大聖堂でのファビオラ王妃のお葬式の様子を見ることができました。ブードワン王が急逝してから21年間、王妃エリザベートコンクールの時以外滅多に外に出て来ない方だったので初めて知った歴史のことなど、興味深かったです。式は準備がかなり大変そうでしたが、音楽のプログラムも滞りなく無事に済みました。
関連記事
スポンサーサイト

2 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。