アドヴェント・カレンダー第6日

(昨日の記事の続きです。)

きょう、12月6日(土)、サン・ニコラの日の朝。

起きたら夫はもうお葬式の仕事でいなくなっていました。

私は9時まで寝られて気持ち良かった〜と起きて、下に行ってみたらサン・ニコラのプレゼントは手つかずだったので、

「娘が帰ってくるまで朝ご飯でも食べていようっと。」

と思い、抹茶を飲んでまったりしていたら、

上の寝室で動く気配が!!


娘とMちゃんは結局予定変更してうちに泊っていたのだった(気づかなかった)。


娘だけとことこ降りて来て、

「サン・ニコラを忘れてた、ってことにきのう帰り道気がついて、も〜めっちゃ自分が信じられなくてショックだったあ…」

と言うので、わたしはなんだか嬉しくなって

「『それ』を忘れるぐらい、お友達と一緒にいるのが楽しいなんて、もうサン・ニコラなくっても大丈夫、ってことだよ!大人になにかやってもらわなくても、自分たちで楽しみをみつけられるようになる、ってことは、本当にだいじなんだから…」

と、親もこれで子離れ出来そうかなあ、なんて思いつつ言ったら、

「夜遅く家に帰ってみたら、クリスマスツリーの電気がついてて、プレゼントが置いてあったから、Mちゃんがちょっとさびしそうな顔してたんだよ…。昨日Mちゃんちパパ出張だったからさ(注:パパのうちとママのうちに隔週で住んでいるので)」

と言うから、娘が自分のプレゼントを開けたあと、急いで、Mちゃんにも小さい贈り物を用意しました。

娘は刺繍糸で編む腕輪をちょうど作ったところだったので、それと自分がもらったホワイトチョコレートのシロクマとミルクチョコのトナカイの人形のお菓子をMちゃんにあげる事にしたのです。

30分位して、Mちゃんが起きて来て、そんなちっちゃなプレゼントだったけれど、なんだかすごく喜んでくれて、「実は昨日あんまり眠れなかったんだぁ〜」と言って、ベーコンエッグのブランチを食べたあと、また寝てしまいました。

娘は「きのうはさびしくなって、眠れなかったのかねぇ」と、こんどはぐうぐう寝ている親友Mちゃんを見に行ってなんだかおどろいていましたが、自分は新しいコートをもらってルンルンでヴァイオリンを弾き始めたので友達寝てるのに平気なのかねーと思いつつ、けっこう激しいパッセージで「うぎゃー」となっていたので

「この、ソミドドソミソミドドソミソミドドソミソミドドソミ、のアルペジオはなんのコード?」

「えーわかんないけど、ドミソ?」

「つぎのアルペジオはラも入ってます!だからなんだ?」

「えええーわかんないけど…ラドミソ!」

「7のコードです!次のアルペジオはいきなり!シのbがでました!でもソはない!これなに!」

「……ラドミ…シb」

「9の和音です!7の音は省略!行け行けどんどん行けッて感じで転調してく!だから激難しいけど、かっこいいのだ」



ッという調子で、


ご機嫌なとき音楽はうまく弾けるの法則



に乗っ取って、練習につきあってしまいました。



そのあと起きて来たMちゃんは


「メッセージが来てこれからお父さんが買い物に連れて行ってくれるっていうんだけど、パパとなんて、前代未聞〜!」


とうれしそうに言いながら帰りました。



ほとんど大人なんだけど、やっぱりまだ子供な17歳のヒトたち。
サン・ニコラは「おあそび」だけれど、ちゃんとやったらこれからの人生を通じてその人を元気づけることになるのかもなあ、と思いました。



わたしたちも、子供たちのお陰で聖ニコラ祭は毎年たいへんだけどたのしかったので、最後の今年は目一杯あやかろ〜ということで、夜はベルガモットの香り付きのバスソルトをお風呂に入れ、明かりを消し、ガラスの入れ物に入れたろうそくの光が揺らぐのを見つつゆっくりあたたまり、明日の第2アドヴェントのミサのお仕事に備えたのでした。

娘もミサで歌うので、それぞれいろいろ弾かなければいけない私も夫も、明日はそろって早起きできるかな。


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

























ファビオラ王妃…
ベルギー王フィリップのおばあさん、ファビオラ王妃が昨日天に召されました。
夫がオルガニストをしているブリュッセル大聖堂で来週の金曜日お葬式になります。
そうなると水曜日に企画されていたクリスマスコンサートを、「やる?やらない?」ということで昨晩からもめています。
喪に服すのだからぜんぶキャンセル〜、という担当司祭さんたちの考えと、コンサートの練習はもう3時間を3回もやって、準備ができてしまっていてちらしもいっぱい頒布して頑張っていた音楽担当の夫たちの考えと…。
音楽が大好きだったファビオラ王妃はなんとお考えになるでしょうか…。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。