Practice

How to practice?

Thanks to a friend on the FB, I read the article Key to artful practice,
on the blog page of the Musician's Way.
This blog seems to target more or less the young students of music.

About 1,2 and 3, we know them and it's often spoken about.

But I find it original, the point 4.
Errors can help us solve the problems!
Often we think the errors are problems themselves.

Point 5 can be done with someone you can rely on; if you choose a wrong person, that can do dammage
and would be hard to be detached as it proposes on the point 6.

I have of course nothing to add to that article, but to become a good practic-ian is not our goal neither.
I knew a girl at the music college who perfectly practiced every day, if I can say this way.

I can't say what was lacking, but her playing sounded "suffering".
How come those determined young people sometimes think the practice is a sacrifice?

I heard in her playing the compliant: I had to practice, listen to this.
And still now, during competition playings, I sometimes hear the cry.


How to bring the daily practice time enjoyable in your youth?

*Painting the wall of the room a nice color of your choice
*Put nothing disturbing (telephone, computer...)
*Have a window
*Put a big mirror
*Get a metronome and a recorder ready
*Put posters and articles with inspiring images or words on the wall
*Prepare a glass of water in case you become impatient....?


Well, we will try those at home and I will tell you...
And please tell me what are your good ideas!


I thought about putting a small fridge for a break but it may rather disturb.....

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村















追記。

習慣付け8日目…
なんとか、復活です!昨晩はたくさん雨が降り、音がすごかった…。でも無事に7時に起き、朝ご飯と片付けをすませ、8時に題名と追記を書き込み、セッティング完了。

練習について…
の記事をFBで友達が紹介していたので…。1)自分のレベルにあった曲を弾こう2)自分で録音・録画して客観的に見る習慣をつけよう3)最高の演奏を目指そう(頑張りすぎも最高とはいえない。易しそうに見えなければいけない、など)、までは普通に言う事だけれど、4)間違えたら、問題を解決する糸口だと思って喜ぶようにしよう、というのがいいな、と思いました。普通、間違えたら、そのこと自体が「問題」だとして、そこを目の敵にしてしまったりします。でも、弾き間違えたところこそが、テクニックの問題点や、理解しきれていないハーモニー、などの見えていなかった課題をわからせてくれる機会だ、と。でも、私個人では、5)外部からのアドヴァイスを受け入れよう6)自分の演奏について話す時は客観的になろう(感情的にならないようにしよう)のふたつは、「誰にアドヴァイスを乞うか」にかかっている気がすることや、実際には「よい練習」をすることじたいは、目的ではないという気もする、ということを書きました。大学で、良い練習を毎日している友達を知っていました。演奏を聴くと、なぜか「わたしは練習をいっぱいした」ということが(少し恨みがましく?)まず聴こえるのでした。どうやったら、若い人たちは楽しく、(でもしっかりと)練習できるか…練習する場所は気が散る物(携帯など)を侵入禁止にして、壁の色、窓、鏡など、そこにいると気持ちが良いと思える環境にする…?私の家でもやってみたいので、よい考えがあったら教えてくださいね!(小さい冷蔵庫を置く?それは気が散りますな…
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。