上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アドヴェントカレンダー3日目

今日は実に寒い日でした!

朝3時間の練習があった教会は金曜日の演奏会のある場所で、車で行ってみたら地面こそ乾いていたけれど木の上に夜降ったらしい雪が積もっていてびっくり!

練習中は暖房は入らないので、息も白くなる中で、調律と、デュルフレの(素晴らしい)レクイエムの(素晴らしい)オルガンパートの練習と音決め。調律は、そこのオルガニストのロベール君と一緒にやったのですが、音楽院以来、15年振り?の再会となり、なんだかほこほこしました。


夫が作ったお昼を食べに帰ったあと、レッスンが続いて、夕方は、教会でクリスマスの合唱練習。


それが終ったら、カフェでサンドイッチをお腹に入れ、そのまま夜も、3時間のリハーサル。


ここも初めて行く教会で、もう真っ暗な中をカーナビを頼りに行き、「教会が見えない…」と思っていたら、角を曲がったとたんに、ありました!


写真1


中に入ると、オルガンが。


写真2


初めての教会ということは、オルガンも初めてなので、10分だけオルガンを試し弾きさせてもらって、すぐ合唱の伴奏になりました。朝練習した教会のオルガンはロマン派なのですが、ここのオルガンはバロックで、デュルフレを弾くには適さないオルガンです。「ああー、タッチを変えなくちゃ。」と思っていたら、


写真3



ストップの形が目に入りました。



ドベジューオルガン?



日本でもおなじみのエチエンヌ・ドベジューさん製作のオルガンは、6角形のモチーフが特徴。
そして、彼は自分の名前をオルガンにくっつけるのを嫌うようなので、一見誰の楽器かわからないのですが…


弾いてみると「やっぱりそうだ!」とすぐわかりました。


時代を超えて、「声の良い」オルガンは合唱の練習にもばっちりでした。


朝はほぼ0度の教会で練習だったけれど、夜は若い人たちの熱気と暖房で、20度以上の教会で練習となり、


長い一日でしたが風邪をひくこともなく、無事に帰宅出来ました!


練習、練習、練習…


の一日は、体力は要りますが、


まさに「準備」100%のアドヴェントの活動そのもの。


そして、私は朝はロベール君と再会し、
夜はドベジュー製作の知らなかったオルガンを初めて触れた。


寒いけれど(寒いから、よけい?)、ほかほかな気分になっています。


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

























夫の名前聖人の日…
聖フランシスコ・ザビエルの日だったので、贈り物を朝あげました。
その中身は…
漫画です。
日本ので、仏語に訳した物です。「わーい僕のはじめてのManagaだ〜!」と喜んでいました。

関連記事
スポンサーサイト

3 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。