上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大阪女学院を訪ねて(1)

大阪へ行くと「戻って来た」気分になるのは、やはり産まれた土地だから?
とはいえ、家族は私が3歳頃に東京に越したので、じっさいの記憶にある大阪は、小学生になってから夏休みに帰省する母の実家。みんみんぜみ、まむし(うなぎ)、プール、海、そして古墳…。

この3月の帰国時、翠が丘教会での音楽夕礼拝が終わった2日後には、楽しかった夏休みを彷彿とさせる、大阪旅行に出発。

生粋の堺っ子の母と一緒に、アメリカから来日しているカンバーランド長老派牧師・パムさんを、同じくカンバーランドのヘール宣教師がそのむかし建立に尽力した、母の母校、大阪女学院にお連れするという目的に便乗したのでした。

私も、話には聞いていたけれど、大阪女学院を実際に見るのは初めてだし、オルガンを弾く仕事ではないので準備することがあるわけでもなく、ピクニック気分でわくわくしつつ、新幹線で出発!

あっという間に大阪に着くと、ホテルは大阪城の目の前で、そのお堀周辺を窓から見ていたら走りたくてうずうずしてきましたが、それはまずこらえて、早速大阪女学院へ。


そこは「つたの〜からま〜るチャペールを〜」という歌詞そのものの学校が、実在していた!?と思われるような、ミッション系女子校100%な雰囲気の学校でした!学長先生や理事長先生などから応接室でお話があったあと、校内を案内していただきました。

植木もよく手入れされて、空気のすがすがしい構内。

IMG_2824.jpg

靴を脱いで上がったクラブハウスの奥で、皮がきしるような音が鳴っていました。なんとそこは弓道部!室内から、小さな中庭の壁にある的めがけて、4人の女の子が弓をひいていました!

そしてグラウンドでリズミカルな録音が流れているな…と思ったら、それは全国大会出場のバトントワリング部!!大勢のきびきびしたガールズが練習中でした!

校舎内の見学では、それぞれのイーゼルに向かってかなり号数の大きなアクリル画を仕上げ中の女子たちが!そこは美術部!!



しかし…


女の子しかしない!


そして、男性は、先生方しかいない!!

当然のことなのですが…
私は共学高校だったので、違いを肌身に感じました。



ヘール宣教師にちなんで名付けられた、「ヘールチャペル」。

IMG_2827.jpg


母から、なんども、何度も聞いたことのあるチャペルをやっと見ることができました!
中には、なんと年代物のハモンド・オルガンがありました。
今でも朝の礼拝などで用いられているということで、こんなちらしも発見!

IMG_2963.jpg

大学の学長先生は女性で、学生さんにもどんどん声をかけていくので、放課後の校内見学はあちこちに笑顔がはじけ、会話が生まれて、パムさんもすれ違う学生さんみんなと握手して、写真を撮らせてもらったのでした。


明るい学長室では、歴史をひもとく時間になりましたが、

IMG_2888.jpg

貴重な昔の書物のなかに、

IMG_2896.jpg

当時の賛美歌が!

IMG_2897.jpg

平民!?士族!?
ひゃあ〜。

IMG_2907.jpg


楽譜は横なのに歌詞は縦書き〜!
これは読むのが難しい!!

IMG_2858.jpg

19世紀の終わりに作られた女子校。
考えたら、すごいですね〜。

(つづく)

にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

















習慣付け…
今日はそういうつもりじゃなかったのに、「休日」になってしまった。8時起き…。ほとんど何もしなかった夕方教会で練習中の夫に電話して「きょうなにもできなかった」と告白したら「そういう日もあるさ」という声を聞いてちょっと気を取り直した。娘は試験中だし…きょうはさみしい気分の日でした

スポンサーサイト

2 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。