翠が丘教会での音楽夕礼拝(2)

IMG_2807.jpeg



翠が丘教会での音楽夕礼拝(1)の続きです。


リサイタルのレジストレーションの中の1分半分が決まらないまま、当日を迎えた私ですが…


不安な思いもあったはずなのに、まあまあよく眠れたので、集中できそう!と気合いが入りました。


国立のぞみ教会の10時半からの礼拝に出て、そのあと翠が丘教会へ。

3時から練習を予約していましたが、乗り換えながら1時間の電車の中で眠気にまた襲われ、
到着後、既に待機していてくれたオルガニストの友人、関本さんとふたりでコーヒーをごちそうになり、
既に決定している音のレジストをアシスタントしてもらう練習とチェック。

金曜日から練習させていただいて3日目なので、楽器の感触や音の響きも憶え、初めから音楽に入って行くことが出来ました。


ところがくだんの変奏は、昨日弾けなくなってしまったままでした。


と、いうわけで、少し無理があるけれど、「全ての声部が聴こえる組み合わせになること」を選択。
ペダルカップラーも2鍵盤とも入れて、
「フォルテ」なヴァージョンに決定。
やったことのない組み合わせなので、関本さんに出だしをちょこっと弾いてもらって、私は教会堂の中ほどまで下がり、
オルガンから離れて、オルガン全体の姿を捉えながら「こういうふうに聴こえるんだ」
という、その音を、耳に記憶しました。

ここで深呼吸して、オルガンにへばりついているとわからないことを感じることが出来たので、

なんと表現すれば良いのかわからないのですが、


「ああ、ここで弾けるって嬉しいな!幸せだなあ」


と、「どうしよう」という切羽詰まった気持ちに覆われずに済んだと思います。


こういうとき「もうやりたくない」と思うのは簡単ですが、


毎回の演奏会も毎日の練習も

同じ自分の指と足と耳を使って弾くだけ。



と思えばシンプルな気分になります。


そして練習してあったはずの曲に見捨てられたような気持ちにもなったけれど、


「最初からこの人のことは実はわかっていなかったんだ、これは知らない人だ」

と受け入れることで(私と曲の関係は全部人との関係ようなものらしい)、


「新しい曲を30分でさらうつもり」


にしたのでした。



余談ですが、バッハは若いとき「自分はなんでも初見で弾ける」と言っていて、いとこでやはりオルガニスト&作曲家のヴァルターがそれを聞いて「絶対こいつが弾けないのを書いてやろう」と、一見簡単そうなのに、ありえない部分をうまく仕込んだ曲を書いてさりげなくチェンバロに置いておいたら、遊びに来たバッハが余裕で弾き始め、その箇所で全く弾けなくなったのでした。そして、げらげらわらいながら、「何でも初見で弾けるなんて、とんでもない!」と言った、という話。それをなぜか思い出していました。


私は初見で弾いていたわけではないのですが、「音や音響を知っている」オルガンでは、難しい曲が割に早く弾けるようになります。そのあと外部のいろいろなオルガンに行って演奏することになるたびに、「弾け方」が少しあともどりしてしまうのは、当然のことではあります。まったく違うオルガンの音響の中で、その曲をあたらしく見いだすことになります。同じ人でも目の色や髪の色を変えてしまったら違う人に感じることと似ているかもしれません。


今回、くだんのヴァリエーションは、もともと、「難しい変奏だ」という意識がなかったため、また、一曲、という独立の存在でなかったため、11の変奏の中で何気なく弾いていて、深く取り出してみていなかったのだともいえます。


結局、その曲のおしまいの方から、全く知らない曲のように、ゆっくりめにずーっとさらい直し、最初にたどり着き、だんだんそのレジストレーションで音楽が生き生きと戯れて来るテンポまで引き上げて、ちょうど練習時間が終了になりました。

これでJ.S.BachのSei gegrüssetの変奏曲では第9変奏に要注意!!ということ、一生肝に銘じました!


ベルギーに帰国したあと夫に聞いたら、

「それは難しい変奏だよ、もともと。たくさん練習しなきゃいけないやつだよ」

と言われた。

本番でそれがわかりました(冷や汗)。



結局、本番は、もう最高に楽しかったのですが、そのことはまた来週、続きを書きます。


乞うご期待(ですね!)!!


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









習慣付け…
季節の変化やホットフラッシュ問題のせいにしていてドツボにはまって、やはり9時半にしか起きられなかった。
夜中にはやはり2回目が覚めて。ところが昨日娘とのやりとりで、ちょっと「目からうろこ」だったことがあり、
一日心も軽く生活できた!こんなことがあると、あしたからも良いことがありそうに感じる。
ってことで早起きに期待がかかるけど、今日の夜は受難週コンサートに行ったので、寝るのは遅めである。
何で演奏会って夜なの〜(でないと人が来れないからです!)
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。