Running

When I was 13, I joined the running club at junior high school.
Every day during a week from 4:30 to 6:00 pm, we trained.
There was a young coach from outside school who looked after us.
But his educational attitude was "let them down so that they will run faster".

When I was 16, I found myself in the running club at high school again.
Every day during a week from 4:30 to 6:00 pm and often the week-end, we trained.
There was a teacher who looked after us as a coach.
He was there to make us laugh when all was becoming too hard or serious.

Now I run in the street and in the park using my legs who have learnt to run,
it takes so little time to just run and come back.
When I run I become a runner.
When I come back I change my clothes and I am no more a runner.

I don't want that my friends see me running.
Is it a secret?
Yes because I love it and I come back home when I run.
I come back to which home?
To my background?

Nice to have one's own ground behind own ears.
I hear voices of my runner friends who run somewhere on earth.

にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







ランニング…
13で中学の陸上部に入った。週日は4時半から6時まで毎日トレーニングがあった。外から来た若いコーチが「ダメだお前らは」と言ってより速く走らせる教育方式だった。
16のとき気づいたら高校の陸上部にまたもや入っていた。週日の4時半から6時、週末もトレーニングがあった。辛くて大変なときに笑わせてくれるような先生のコーチだった。
今は足が走り方を憶えたので道や公園を走るし、少し時間があればすぐに走って帰って来られる。走ればランナーになるけれど帰って着替えたら普通に戻る。
走っているところを見られたくないのは、秘密の趣味だから?多分そうです。走るのが好きだし走ると里帰りする。多分自分のバックグラウンドに。
耳の裏に自分のグラウンドがあるのはいいな。
地球のどこかで走っているランニング仲間たちの声がちゃんと耳に聞こえるから。


自由…
自由は楽しい。「走らなくていい」という自由を、走っていた過去があるから、今は手にしている。
走ることについて英語で書いてみました。現在形で書くと普遍的な感じがして英語だとかっこいいな〜と思いながら書いた。偽・詩人体験〜っていうか、ポップソングってそうやってできてる気がする。
これから今年初の、夕方ラン行ってきます。ブログもためちゃって金曜日の予定記事を日曜日に書いてるけど、今日はみんな家族が元気になったし、冬晴れの美しい一日
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。