カテゴリー "ブリュッセル" の記事

スポンサーサイト

ストの続く日々、雑感

3月22日にテロがあって以来、もともとあった政治への不満が各レベルで大きな声になりつつあり、先週から交通機関を中心としたストライキが「労働者個人のレベル」で急に始まって、労働組合のストに流れ込んだため、ほぼ全面的に電車に乗れない生活が10日近く続いたブリュッセルです。フランドル地方よりワロン地方とブリュッセルの方が「個人レベルのスト」の「乗り」が良かったため、学年末試験に入った教育関係者と学生たちはと...

Advent Calender :Day14

ブリュッセルの普段の生活は、通常のものになってきました。相変わらず兵隊さんや警察官は街のあちこちに見かけますが…お店の買い物客や、旅行者も、きょうあたりは大勢詰めかけていました。良かった良かった…と、言いつつ、「テロ?なんだっけそれ、」と忘れるにはまだ早く。フランスの選挙の結果もラジオでは速報、新聞では大きく記事になっています。(テレビは持っていないのでわからないが、多分テレビでも…)日曜日の演奏会...

Advent Calender :Day13

なぜ、クリスマスには、キラキラしたデコレーションをするのだろう?星が三人の博士を導いたから、ではないですよね。と、いうことを考えていたら、お昼にやっているランディドルグというオルガンのコンサートで、「演奏しているところを見たいから、ビデオとスクリーンを教会に設置して欲しい」というリクエストが出たときのことを思い出しました。ランチタイム。=明るいのでスクリーンはうまく映らない。その法則で言えば、星の...

Advent Calender :Day6

教会の仕事のあと、家に帰って昼食の準備をしていたら、どん、どん、どこどこどん…と、たいこの音が段々近づいて来たので、娘とふたりで窓を開けて見ていました。赤い服のバトントワリングの女の子達に続いてブラスバンドの人たちが行進して来て、「あっ聖ニコラが来るね!」と待っていたら、最後尾に、白い車……今年の聖ニコラは、ほんもののおじいさんが、扮していたため、歩けずに車になったのかどうか、どちらにしても、その、...

Advent Calender :Day4

合唱の練習で横隔膜をしっかり使ったあと、独りでオルガンのリハーサルをし、22時半にグランプラスを通ると、オーケストラの録音がかかりもみの木と市庁舎がライトアップされていました。普通なら自転車で通れないぐらい、押せ押せで私の身長なら埋まってしまいそうに人がいるのですが、今夜はちょうど、それぞれの顔が見える位の人だかり。風が吹いていて、もっと見ていたいけどやっぱり早く帰ろう、というような、情緒的で少し寂...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。